不動産購入に必要な諸費用

不動産取引では、気の良い買主になるように心がけます。偉そうにしても得なことはありません。損はありそうです。

不動産購入に必要な諸費用

不動産取引で気の良い買主になる

ある商品を購入しようと店員と交渉していました。同じように隣でもお客さんが店員と交渉をしていました。そちらの方は、お客さんの声が非常に大きく、少し偉そうな口調になっているのがわかりました。それを店員さんが抑えながら説明をしているのがわかりました。こういった光景はよくあるものです。そしてもしかしたら自分自身もあのようになっていないか考えることがあります。人の振り見て我が振り直せと言いますが、それを実践するようにしましょう。

不動産の取引においては、ある物件において、見えないお客と購入の権利を巡って争っているかもしれません。同じような物件がほしいと思っているのです。もし、その見えないお客が偉そうな態度をとっているとしたらチャンスです。やはり仲介する方からするとあまり良いようには思いません。ここで同様に偉そうな態度をとってしまっては元も子もありません。こういった時は、気の良い買主になるように心がけます。するとどうなるでしょうか。

仲介業者からすると、気の良い飼い主の方により積極的に紹介してくれるようになるかもしれません。常に見えない相手がいて、その人が偉そうにしていると考えましょう。そうすれば、偉そうにならず、仲介業者との関係も良好になります。

Copyright (C)2017不動産購入に必要な諸費用.All rights reserved.