不動産購入に必要な諸費用

不動産において、抜け駆け取引をしないようにします。手数料が安いからと、別の業者を利用するのはよくありません。

不動産購入に必要な諸費用

不動産の取引で抜け駆けはしないようにする

複数業者から見積書をもらってその中から業者を選ぶことはよくあることです。最も安い価格を提示したところを選ぶこともあれば、価格だけでなく今までの実績なども加味して選ぶこともあります。この時あるのが異常に価格を低く出してくるところです。買い手からすると安いので心惹かれることになります。しかし、異常に安い場合は何らかの問題も出てくるかもしれません。安いからすべてが悪いわけではないですが、安いものばかりをつかもうとするのも問題です。

不動産との取引において、ある業者から紹介してもらった物件に決めることになりました。そして仲介手数料などを払う段階になりました。仲介手数料は業者によって決められているので、パーセンテージは違います。すると、別の業者が同じ物件をやすい中間手数料で仲介すると言ってきました。買い手からするとどちらに仲介してもらっても同じです。それなら安いほうがいいと思ってしまいます。つい抜け駆けしてやすい業者の方にしてしまいました。

これが問題になるわけではありません。しかし正規のやり方とは言えません。業者同士でトラブルになることはあるようです。となると取引の間に立っている買手にも何らかの影響が出てくることがあります。正しい方法で取引をするようにします。

注目情報

Copyright (C)2017不動産購入に必要な諸費用.All rights reserved.