不動産購入に必要な諸費用

不動産では、住宅を建てるときには基礎を打ちます。弱い土地の場合には基礎にお金がかかることもあります。

不動産購入に必要な諸費用

不動産においてどのような基礎の方法があるか

ある土地の住所に浜との言葉が入っていました。海からはかなり離れていて、川も見当たりません。しかし水関係の地名がある場合、昔その地が水に関係のある土地であったと言われています。調べてみると、かなり昔においては、そちらに海岸線があったらしく、その名残で地名がそのようになっているようです。時代としては数百年ぐらい前のことらしく、その場所より海側はほとんどが海の下だったわけです。そう考えると気にすることもないと思えそうです。

不動産を購入して住宅を建てる場合、基礎の作り方についてはその人の判断になります。気になるのであれば、より丈夫な基礎を利用するのが良いのでしょう。一般的に使われるのはベタ基礎と呼ばれる方法です。弱い地盤であっても、そちらに広くコンクリートを這わすことで安定性を増そうとしています。その他の方法としては、弱い地盤の下にある強い地盤まで杭を打つ方法があります。強い地盤で支えることができるので安心できると言われます。

ベタ基礎はよく使われる方法で、コストとしてもそれなりになりますが、強い地盤まで杭を打つ方法になると、かなり工費がかかることもあります。その判断は専門館と相談した上で、自分で行っていくことになります。

Copyright (C)2017不動産購入に必要な諸費用.All rights reserved.