不動産購入に必要な諸費用

業者が開発している不動産を購入するとき、値引き交渉してみます。金利負担分を解消するためと伝えます。

不動産購入に必要な諸費用

業者から不動産を購入する時の交渉

一般の人が住宅を購入するとき、多くの場合には住宅ローンを利用します。一つには買うだけのお金がないことがあります。一方、お金はあるけどもローンを利用することがあります。それは減税などローンを利用する特典がある場合です。住民税がなくなることもあり、かなり得になることがあります。一度に支払いをしなければ、その分お金を残せますから、資産運用に使えることもあります。将来の一時期に一括返済をしてしまっても良いでしょう。

分譲地の不動産については、個人から買うのではなく、業者から買うことがあります。業者が開発をして、それを売却しようとしているのです。では業者はどのようにして購入金額や開発費用を捻出しているかといいますと、借入になります。売却をすることでお金を得て、それで返済をしようとします。売れてない状態の時は、返済ができませんから、その分金利が発生していることになります。となると、業者にとっても早く売りたい事情が出てきます。

業者が提示する金額と少しの差があるとき、それぐらいの差であれば金利のことを考えて値引きしてもらえることがあります。金利負担分と値引きを考えて、得と思えば応じてくれるでしょう。ちょっとの差のときに交渉してみましょう。

注目情報

Copyright (C)2017不動産購入に必要な諸費用.All rights reserved.